春の味覚(苦み)

[



春になると食べたくなるものの1つに「ふきのとう」があります。


食べるとほろ苦く、淡いグリーンの色が春の訪れを感じます。


「ふきのとう」はキク科の植物で、土壌をきれいにしてくれる作用があります。


土壌だけでなく人がこれを食べることによって、冬の間溜まった脂肪を流して体をきれいにしてくれるそうです。


「ふきのとう」以外でも苦みのある野菜は冬用の体から春用の体にしてくれます。

例えば「うど」、「タラの芽」などもほろ苦くておいしい野菜です。


どの野菜も栽培されたものが手に入りやすいですが、出来れば自然に生えているものが良いです。

農産物直売所に行くと天然ものが手にはいるので、毎年買いに行き春の山菜を楽しんでいます。


そう言えば、「ヨモギ」も「ふきのとう」と同じキク科でした!

「ヨモギ」から作る草餅も春が特に美味しいですね。



無痛整体・色彩療法のベリル http://www.body-natural.com/




]]>

コメント

タイトルとURLをコピーしました