かしこいトマトの選び方

[


日本で栽培されるトマトの色は「ピンク系」と「赤系」があります。


「ピンク系」の代表的な品種は「桃太郎」です。

見分け方は皮が透明感のある赤のトマトです。


「赤系」の代表的な品種は「ミニトマト」です。

皮がオレンジよりの赤になります。


「ミニトマト」は普通のトマトよりも1.8倍カロテンが含まれています。

原種に近いトマトのほうが栄養的には良いです。


選ぶポイントは


□ずっしり重い

□へたと反対のおしりの部分に放射線状の筋がくっきりしている

□放射線状の筋の間隔が均等

□へたの切り口がみずみずしい

□形が丸くへたが実の中心にある


おすすめは「農産物直売所」で買うことです。

新鮮でぎりぎりまで完熟させたトマトが間違いなくあるからです。

(完熟させてないトマトは栄養価がかなり落ちます)


去年、私がよく食べたのは「ファーストトマト」です。

少しねっとりとして、ゼリー状の部分が少なく糖度が非常に高くて

とてもおいしいです。


「ファーストトマト」は品種名でなく、高糖度のトマトの意味です。

水を極力少なく、原産地に近い栽培方法で作るのでごつごつした

トマトになります。

初めて見たときは鬼のトマト?と思いました。


コラム|ボディトーンメンテ ベリル

このトマトで作る夏の冷製パスタは最高です!

今年のトマトも楽しみです。


女性専用整体院 「色彩療法」のベリル

http://www.body-natural.com/




]]>

コメント

タイトルとURLをコピーしました